本文へスキップ

当社は、鉄道において、列車の運転保安に係る製品の開発・販売を専門とする会社です。

TEL. 022-222-1821

〒984-0075 宮城県仙台市若林区清水小路6-1
東日本不動産仙台ファーストビル11階

会社概要COMPANY

社名
レール軌材 株式会社
代表取締役
貝原 崇郎
本社所在地
〒984-0075
宮城県仙台市若林区清水小路6-1 東日本不動産仙台ファーストビル11階
→アクセス
TEL. 022-222-1821
FAX. 022-222-1822
資本金
1800万円
設立
1999年5月28日(決算3月末)
取引銀行
七十七銀行 長町支店

沿革

1990年
ヤマハ東北鰍iR東日本鞄喧k地域本社へ除雪機納入開始
1991年
JR東日本鰍フ要請によりバラストアッパー開発着手
JR東日本梶@本社の社長賞受ける  
1993年
ヤマハ東北(株)がJR東日本(株) 東北地域本社資材課の取引業者となる
JR東日本(株)と共同開発で直結8型・4型絶縁カラー開発
鉄道総研のテストを受け評価受ける
1994年
JR東日本(株)の協力・指導のもと鉄道の運転保安、傷害につながる問題、3K軽減化になる資材・機器の開発を
推進(JR東日本(株)と共同開発)
1995年
ヤマハ発動機(株)豊岡工場で、アルミ山越機開発
(JR東日本(株)共同開発)
直結8型軌道パット(耳付・リブ付)開発納入
(JR東日本(株)共同開発)
50N,60kg用レール接着絶縁用押えブロック開発納入
(JR東日本(株)共同開発)
1997年
ヤマハ発動機(株)豊岡工場でアルミトロ開発、販売
山越機シリーズ化完成
1998年
分割アルミトロ・軽量レールスクーター開発
(JR東日本(株)盛岡新幹線保線区共同)
開発/営業体制強化の為事業体制見直し着手
1999年
新会社設立構想 
立上げ準備開始
同年5月「レール軌材株式会社」として登記
2001年
会社住所を仙台市若林区卸町に移転
2003年
JR東日本(株)仙台支社にバラストスクリーン納入
JR東日本(株)仙台支社にレールスクーター納入
2004年
分岐器吊上機開発、販売
会社住所を現在地に移転
2007年
特許取得 第3955539号
軌道レールの縦目部構造および縦目高さ調整方法
特許取得 第3905047

軌道レールの縦目落ち調整板および縦目落ち修正方法
2010年
東北新幹線(八戸ー新青森間)開業に伴い、軌道材料、レールスクーター納入
2014年
東日本旅客鉄道蒲lより、現場第一線における技術開発
(道床路盤検測・データ解析装置の開発等)を成約。
2015年
北陸新幹線(長野ー金沢間)開業に伴い、軌道材料、レールスクーター納入
仙台市地下鉄東西線開業に伴い、急勾配用レールスクーター納入

バナースペース

レール軌材 株式会社

〒984-0075
宮城県仙台市若林区清水小路6-1 東日本不動産仙台ファーストビル11階

TEL 022-222-1821
FAX 022-222-1822